コーヒーの事と雑多な話

pop

新製品用のポップ用の絵を急ぎ描きました 大急ぎの割にはまずまずかな?と思います。 その絵を使ってこんなポップを作りました 二人で検討した結果、 点々は要らない。 値段が小さい 商品の説明を大きく この三点を変更する事にしました なお、6個入りは間違…

秋物語

424回目の限定焙煎はコスタリカ エレ農園アナエロビックと秋物語です。 昔、むかーし、昭和もタケナワの頃。 物の大きさや速さを比較する物差しとして「馬」がよく使われていました。 例えば、「あそこの犬はうまんごとふとかぁ」とか、 「田中はうまんごと…

白露の頃

423回目の限定焙煎はルワンダ バホナチュラルと「白露の頃」です。 髪を切りに行く。 勿論、美容室等ではなく、昔からあるトラディッショナルな 「床屋さん」という言い方がぴったりな理容店だ。 椅子に座ると、髪型に何の拘りもない僕は「いつものように」…

40周年ブレンド

419回目の限定焙煎はドミニカ カリビアンクイーンと あらき屋コーヒー40周年ブレンドです。 歩行者のいる横断歩道で車が止まる確率が高い県は長野県で、 72,4%でダントツの一位だ。 以下、兵庫、静岡と続く。 で、鹿児島はというと、ない! 10位以内にはな…

ダンディーパパブレンド

418回目の限定焙煎はカメルーン カプラミジャバとダンディーパパブレンドです。 「はじめてのおつかい」という45年前に出た余りにも有名な絵本があります。 5歳の女の子がお母さんに頼まれて牛乳を買いに行く話で、TV番組同様、色んな困難に遭遇する話です。…

五月雨ブレンド

417回目の限定焙煎はパプアニューギニア シグリと五月雨ブレンドです。 いつの間にかコーヒーの幟のたもとに万年草の小さな群落が出来上がっている。 まるでカバープランツのようで、小さな星形の黄色い花がかわいい。 雑草と呼ぶには忍びなく、横文字でセダ…

たらちねーぜブレンド

416回目の限定焙煎はメキシコ クステペック農園とタラチネーゼブレンドです。 天高く、雲の形や風の色はすっかり秋色になった10月。 駐車場脇の花に水をやっていると、ローズゼラニュームの根元に 白いスカーフが落ちている。 おやおやこんな所に、と思って…

桜の丘ブレンド

414回目の限定焙煎はコンゴ キブと桜の丘ブレンドです。 病院の待合室で会計を待っていると向こうから歩いて来る女性がお客さんに良く似ている。柔らかな眼差しと優しげな体形がそっくり。マスク越しだし確信はないので曖昧な角度で頭を下げ、彼女を見ると、…

お祝いブレンドです。

413回目の限定焙煎はバリ ナチュラルとお祝いブレンドです。 それはうららかな春の日ざし溢れる昼下がりでした。 店先に一台の車が止まりました。 シトロエンC4の青いピカソ、 うちに見えるお客様でシトロエンに乗っている人は3人。 これはシトロエンの普及…

春一番ブレンド

412回目の限定焙煎はミャンマー ジーニアスと春一番ブレンドです。 たまにもち吉に行くと黒糖かりんとうを購入する。これが尾を引くおいしさで、一個が二個になり、三個になる。 なかなか止められず困ってしまうのだ。 しかも、二人とも黒糖かりんとうが好き…

411回目の限定焙煎はエクアドル グレートMtとバレンタインブレンドです。 このしおりの絵のモデルは自分の事が多い。 という事は自画像を描く事になるが、 描いていて面倒なので眼鏡を無くし、髭も無くす。 結局似ても似つかない顔が出来上がる。 好都合とい…

冬のレジェンド

410回目の限定焙煎はタイ ドイパンコンと冬のレジェンドです。 冬になると空気が乾燥ので水を一口飲む、 次に龍角散のど飴を一粒口に含む。 焙煎中に集中力が切れた時、すっきりするし喉も潤い、一挙両得の効果が得られる。 ちょっと口の中が甘ったるいので…

はつ春ブレンド

409回目の限定焙煎はブルーマウンテンNO1クライスデールとはつ春ブレンドです。 牛の背に乗ってうまく一番目の干支になった鼠君が去り、牛歩の歩みの牛君の登場です。牛といえば「牛に引かれて善光寺参り」という言葉を思い出しますが、 わたしゃ、この話は…

クリスマスブレンド

408回目の限定焙煎はインドネシア ガヨマウンテンとX`Mas Blendです コンビニに行くとクリスマスケーキのPOPが一杯貼ってある。 数売るのは大変そうです。 それにしてもクリスマスケーキという物を僕はいったいいつから食べ始めたのだろう。子供が産まれてな…

冬はじめブレンドです

407回目の限定焙煎はニカラグア リモンシリョと冬はじめブレンドです。 朝、ゴミを捨てに行く。私が捨てるゴミステーションはバス通り沿いにあり、交通量が多い。交差点の赤信号で止まった車から手持ち無沙汰のドライバーがこちらを見ている。自意識過剰気味…

晩秋ブレンド

406回目の限定焙煎はコスタリカ ロザリア農園と晩秋ブレンドです。 今、桜ヶ丘のキワでは人間と昆虫のせめぎ合いが起きている。 人間側は薬と手作業で虫を取り除こうとし、虫はそれを上回る数で攻め寄せる。 まるでナウシカの一場面みたいだ。 とうとうここ…

もう11月だって

11月ですよ、残すカレンダーは一枚になりました ちょっと早過ぎでしょ、と言いたくなるくらい月日に経つのは早い 年を取ると取る程早くなる。 これを何とかの法則といってたな 残すふた月近く、まだまだなんか色々と起こりそうな気がします。 11月というと…

ニカラグア サンタアナと秋物語

405回目の限定焙煎はニカラグア サンタ・アナ農園と秋物語です。 ちょっと前の新聞にスペインのビーチに人が押し寄せ、入場制限が掛けられ長蛇の列が出来たという話が写真と共に載っていました。写真をよく見ると男の腰にタトゥーが。 どうも日本語のようで…

白露の頃

404回目の限定焙煎は中国 雲南と白露の頃です。 「今度の台風はとてつもなく大きいらしいから早めに準備しとこう」 「絶対停電するよね、電池あった?」 「大丈夫」等と二人で話していると 「アーッ!」と大きな声を上げ「ハァ~」と溜息をつく。 何事か尋ね…

バースデイカード

マゴの誕生日が近いのでバースデイカードを 描いてみました。 こんな所でマゴという言葉を言うのはなんだか 気恥ずかしいものです。

夏空ブレンド

402回目の限定焙煎はドミニカ カリビアンクイーンと夏空ブレンドです。 「田中作造の近況」 再雇用の期間も終わり、すっかり自由になったが時間を持て余し家出ごろごろしているとツレの機嫌が悪くなり、小言も増える。仕方なくウォーキングに出かける。 近所…

39年ブレンド

401回目の限定焙煎はボリビア ピコデルトゥカン農園と39年ブレンドです。 親指と人差し指の爪だけを少し伸ばしている。生の豆を選別する時小さな豆を拾い易くするためだけど、最近では爪の老化も進んでいるのか良く折れる。短くなった途端にスムーズに行って…

バリと五月雨ブレンド

399回目の限定焙煎はインドネシア バリと五月雨ブレンドです。 通りを歩けば家々の庭先の花が美しい、遠くに目をやれば山々の新緑が美しい、 空を見上げれば青空が目に染みる、真白な雲が一つ。世の中は美しい物に溢れている。眼差しは美しい物に惹き付けら…

ルワンダ バフコーヒーとタラチネーゼブレンド

398回目の限定焙煎はルワンダ バフ ニャルシザWSとタラチネーゼブレンドです。 数年前、ツレが大学の口腔外科で抜歯して来た時の事。病院から店に帰って来て数十分後、 彼女の顔は目の下から頬にかけ青紫色に変色し、大きく腫れ出して酷い顔になって来た。ま…

五月晴れブレンド

397回目の限定焙煎はボリビア コパカバーナ ジャバと五月晴れブレンドです。 昔から人の名前を覚えるのは苦手だったが、 最近、特に人の名前と顔が覚えられなくなって来たような気がする。 それでも昔っからお付き合いのある方は覚えている・・・筈だったが …

若葉の頃

396回目の限定焙煎はエルサルバドル ラ ファニーと若葉の頃です。 とんでもドリンク 今年最初のリキッドコーヒーが出来上がって来た。 コップに注ぎ、一口飲んでみる。 う~ん、コクが出て予想以上に円やかだ。 香りも高い。ブラックでガブガブ飲める。 普通…

春うららブレンド

一回抜けていました、395回目です。 395回目の限定焙煎はメキシコCOE受賞エル・ボルド農園と 春うららブレンドです。 袖に関する考察2月、冷たい水で洗い物をする。袖が濡れるのが嫌なのでまくるのだが、この時期セーターを着ているので作業の途中で落ち…

桜の丘ブレンド

393回目の限定焙煎はブルンジCOE2019ンゴゴモと桜の丘ブレンドです。 LED電球を電気屋さんに買いに行く。「どのくらい持ちます?」「頻度に寄りますが15年は持ちます」「そうかぁ、僕が死んでも点いているんだぁ」と言ってしまった。 ツレのミシンの買い替え…

カメルーンとお祝いブレンド

1回抜けていました、392回目の限定焙煎はカメルーン ジャバとお祝いブレンドです。 手袋 小さな手袋の忘れ物がひとつ、持ち主は多分小学校2年のなっちゃん。 いつもキラキラとした瞳の好奇心いっぱいの子、うちに初めて来たのは多分四歳の頃、気が付けばも…

春一番ブレンド

390回目の限定焙煎はタイ ウサミ農園と春一番ブレンドです。 お年玉切手年々、届く年賀状が少なくなって行く。 今年は去年よりさらに数枚少なくなっていた。 そんな薄っぺらな年賀状の中からなんと今年は3枚も当たっていたのだ。勿論切手シートだけど。 一昨…