コーヒーの事と雑多な話

フルーツショコラ

オレンジ入りショコラとブルーベリー入りショコラのお知らせ

f:id:kazurateiutubo:20190110113836j:plain

今回の季節限定ジャムはチョコです。

オレンジとブルーベリーの2種類

オレンジの方をコーヒーに入れてみました

f:id:kazurateiutubo:20190110114623j:plain

これだけの量のコーヒーにこのチョコは少なすぎでした。

それでもオレンジの香りと味が意外とコーヒーと調和していました

もっとチョコの量を増やすか、ミルクコーヒーにしてチョコを入れれば

もっとおいしくなると思います。

 

チッキショウー3

去年の暮れも暮れ、31日の事

この日は店は休みにして焙煎機や煙突、店内の掃除をして

新しい年を迎える準備をします。

その前にちょっと買い物に付き合う事になりました

 

f:id:kazurateiutubo:20190116221217j:plain

おかきや煎餅を用意したいと相方がいうので車の用意をしました。

キーを解除してイグニッションスイッチを回しました

(家の車は古いので回します)

セルモーターは回らずにワイパーがのんびり動き出しました

またご機嫌ななめか〜時々機嫌が悪い時があります。

もう一回試しますが同じです

これは絶対バッテリーです。

f:id:kazurateiutubo:20190116221138j:plain

晦日にバッテリーかよ!

チクショウと思ったのですが、

人が集まる正月じゃなくて良かったと思い直して

JAFに電話です。

 

f:id:kazurateiutubo:20190116221152j:plain

直ぐにJAFさんが見えました。私と同年配のベテランさんです。

直ぐにテキパキと接続して無事車は動きました

その時、自分の頭の中では、まるでJAFメイトのワンシーンだな、

この事を本にのっけってくれないかなぁ等とのんびり考えていました。

直ぐに買い物に出掛ける事が出来ました。

こうして2018年は無事に過ぎていったのであります。

 

明けて1月4日、クルマ屋に電話するとバッテリーが

29520円 税込み 作業料込み という。

高い安くしてと値切っても無駄だった。

f:id:kazurateiutubo:20190116221206j:plain

正月早々29520円の出費か〜!

チックショー!

私はハニワになってしまったのです。

 

ブラジル3種

現在、当店ではブラジルは三種類あります

f:id:kazurateiutubo:20190114160437j:plain

左からサンマリノ、中がジアマンティーナヨシマツ、右がサンアントニオのアロマショコラです。

サンマリノはS18以上の大粒豆でやや枯れています、黄色っぽく見えますね。

枯れていて大粒なので火が通り易く浅煎りに使っています。

なおこの豆は非売品で、浅煎りのブレンド用の豆です。

真ん中のジアマンティーナは2017年に取れた豆。

使い易いので浅煎りでも行けるんですが今は中深煎り専用です。

サンアントニオはややグリーンが強めなので深煎りにします

そうするとコクが出て甘味と共にチョコの風味が出ます。

 

ブラジルはやはりなくてはならない重要な豆なので

それぞれ特徴を生かして浅煎り、中深煎り、深煎りに使い分けています。

因にサンアントニオは在庫がなくなり次第終売になります。

冬のレジェンド

今回の限定焙煎はパプアニューギニア シグリと冬のレジェンドです。


小学校2年の頃から飽きっぽい兄に押し付けられた形で

新聞配達を始めた。
新聞配達といってもその当時、購読している家は少なく、

ましてやその新聞は西日本新聞だったので地元紙に比べ購読者は少なく、表通りを20軒ばかり配ったら

あっという間に終わってしまうような部数だったが

小学生の小遣い稼ぎにはちょうど良かった。

 

それでも正月の新聞は分厚くて重く、
少ない部数とはいえ小2の体には重かったのを覚えている。

 

その頃、朝六時になると有線放送から

吉永小百合とマヒナスターズの「寒い朝」が流れ、

寒い朝にはこの歌に励まされるように家を飛び出した。

この曲のお陰か知らないが、新聞配達は結局中三まで

続ける事になったのである。

 

つい最近、この歌は石坂洋次郎原作「寒い朝」の映画化作品

「赤い蕾と白い花」の主題歌だと知る。

別に好きでも嫌いでもないが

「北風吹き抜く~寒い朝も~」という歌詞が
新聞配達していた頃の情景と共にしっかりと記憶に刻み込まれている。

そんな曲がもう一つ。
11PMの放送が終了した後に流れるKTSの天気予報のBGMが

いつまでも頭にこびり付いていた。

この天気予報で一日の放送を終了しますよという憂いを含んだ

フルートのメロディーが心にしみる。

後になってモーツアルト
「フルートとハープのための協奏曲」の第二楽章と知る。

その後チェットアトキンスの曲に替わるのだが、

この二つのCDをかける度、

私の頭の中では当時の大雑把な天気予報が流れるのである。

f:id:kazurateiutubo:20190114212351j:plain

寒い季節になりました。
パプアニューギニア シグリと冬のレジェンドです。

 

ニューギニアの優良農園、シグリ農園をちょっと深煎りにした
コーヒー好きのためのブレンドです。
シグリの豆はきれいな苦味と甘味が特徴、雑味がなく
優しい口あたりの飲み易い冬の季節にぴったりのコーヒーです。
チョコやブラウンシュガーのようなキャラクターがあります。
寒の季節に贈るコーヒーです。

詳しくはこちら

冬のレジェンド

貰い物

カメラを貰った。

私のカメラが壊れたのでお買い物券で買って来たそうだ。

シャッターはカルピスのキャップで出来ていて

色使いといい、なかなか凝っていて楽しい写真が撮れそう。

ティッシュの箱を利用して作られていて、覗けるように裏側はビニールの部分が来るように工夫してあります。

 

首からぶら下げて少し歩いてみよう

いつもと違う風景が見えるかも。

f:id:kazurateiutubo:20190109105319j:plain