コーヒーの事と雑多な話

春?

異様な暖かさで庭にはオキザリスが一杯咲いている。

家の中より外の方が暖かいくらいで気持ちいい。

後で花の写真でも撮るかと思ってたのに

気が付いたのが夕方。

ほとんどの花は閉じてしまい、辛うじて一つ残っていたのが

この花。

だいぶ花びらも痛んでましたが春っぽいです。

 

f:id:kazurateiutubo:20180116231915j:plain

SEGODON

大河ドラマ「せごどん」が始まりました

私も見てます。びっくりしたのはテロップがでない事。

他県の人は分かるのかなあ、と思ったのですが

まあ、場面を見れば何となくニュアンスは分かると製作スタッフは

踏んだのでしょう。

ここまで良く出た文章が「あいがとさげもした」ですね

これは、ありがとうございます。だと皆想像出来ると思いますが、

薩摩ネイティブでない私はさげの語源がよく分からないのです。

ありがとう御下げました。何だろうかと想像したりしてます

ニセという言葉も出てきましたが、あれは青二才の二才(にせ)

若者の事です。

因に大久保役の瑛太さんの母方のご先祖様は西郷さんの血筋らしいです

西郷さん顔はほんとはあんなタイプの顔だったのかなとか想像しています。

 

バリ シンザンと冬のレジェンド

今回の限定焙煎はインドネシア バリと冬のレジェンドです。


 友人から野菜の種を貰った。

「うちの分は蒔いたから残りをあげるよ」という。
優しい奴だ。有難く頂いて蒔くことにした。

貰った種はスナップエンドウチンゲンサイ、サラダカブの三種。

 

エンドウは夏にゴーヤを植えていた所に蒔く。

しかし、チンゲンサイ、サラダカブは種が小さく、量が多い。

うちの猫の額程の庭には植えるスペースが無い。

仕方なく開墾する事にした。

 

まずは垣根のカイヅカイブキを全部切り倒し、次にみっしりと蔓延っていたアガパンサスを全部引き抜く。

木の下敷きになり、アガパンサスの頑固な根っこに腰を痛め、

「まるで開拓の入植者みたいだよ。これは絶対に俺に対する嫌がらせだな」と呟く。

 

あっちを耕し、こっちを耕ししてどうにか全部を蒔き終わる頃にはすっかりウンザリしてしまった俺は、

「次からは種より苗をくれ苗を!」

と空に向かって大声で叫んだのである。

f:id:kazurateiutubo:20180113200921j:plain



新年を神山で神頼みという事で、

今回はインドネシア バリと冬のレジェンドです。


バリはインドネシアの中でも柔らかく、飲み易いタイプのコーヒーです。
前回、冬はじめブレンドに使って大好評でした。前回はナチュラルでしたが、
今回は前回と違いウオッシュド。ウオッシュドは癖がなく、すっきりしています。中煎りよりちょっとだけ深めのロースト、ビターチョコのようなキャラクターですが、苦味はありません。それでも
口当たりは滑らかでビロードのようなコクのあるカップになっています。
因にブランド名「神山」は神の島バリ島にちなんで付けられました

詳しくはこちら

インドネシア バリと冬のレジェンド

梅一輪

寒いです、明日の朝は−2度

マイナスなんてなかなかお目にかかれない

春はまだまだ、と思っていたけど、ちょっとだけ、

日が長くなってきたのを感じる。

f:id:kazurateiutubo:20180112232332j:plain

去年の27日に買った正月用の花の中に入っていた

梅の花が咲き出した。

 

鼻を近づけるとちゃんと梅の香りがする

 

ささやかな春の兆しを感じる。

 

f:id:kazurateiutubo:20180112232333j:plain

 

忘れてました

なんだかおかしいなー

正月を迎えていまいちピリッとしないなーと店を見回して

気が付いた。

店内に飾っている絵が12月のままだった。

f:id:kazurateiutubo:20180109232702j:plain

クリスマス雰囲気の絵を飾ったままだったのだ、すっかり忘れていた。

f:id:kazurateiutubo:20180109232703j:plain

慌てて1月の絵に替える。

新年を思わせる絵で気分も新たにがんばるぞー

f:id:kazurateiutubo:20180109232701j:plain