読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
コーヒーの事と雑多な話

出席します!

カワウソ日記

その男は、友達の結婚式だとばっちり決めて

張り切って出かけて行った

f:id:kazurateiutubo:20170318230443j:plain

結婚式場は城山ホテルといって、城山という小高い丘の上に立つホテルで、

地元では有名なホテルだ。

麓には西郷さんの銅像が建っていて、その丘の中腹には西郷さんが自害した

洞窟が残っていたりする

f:id:kazurateiutubo:20170318230444j:plain

彼は鹿児島中央駅からその城山ホテルの送迎バスに乗った。時間はまだまだ

余裕がある筈だった。

ところがそのバスは直通ではなく、天文館という繁華街を経由してホテルに行くので

ある。信号に引っかかったりしてあっという間に時間が逼迫して来た。

ホテルに着いたのは式開始の五分前。

f:id:kazurateiutubo:20170318230442j:plain

彼は慌てて受付を探すが見つからない

仕方なくホテルの案内係の人に聞く。

f:id:kazurateiutubo:20170318230447j:plain

「もう式が始まってるんです、ヤマダくんの式場はどこですか!」

と聞くと、受付の女性はパラパラと予約表を調べると

優しく微笑んでこう言った。

f:id:kazurateiutubo:20170318230445j:plain

なんと明日だったのだ!

案内の女性の優しい微笑みが心に突き刺さる。

一瞬にして力が抜け、ふらふらと外に出ると分けも分からず

タクシーに乗って帰ったのだった。

あんなに節約してバスに乗ったというのに、高いタクシー代を払うなんて。

その時の彼の心はすっかり落ち込んでしまっていた。

f:id:kazurateiutubo:20170318230446j:plain

その訳は、土曜日が結婚式と決めつけていた彼は、次の日は大阪の友人が

遊びに来るので日曜、月曜と泊まりがけで宮崎に遊びに行く予定にしていたのだ。

すぐに結婚する友人に電話を掛けた。

f:id:kazurateiutubo:20170318230440j:plain

「あのさー申し訳ないけど明日の式に出れなくなった。身内に不幸があってさー」

f:id:kazurateiutubo:20170318230441j:plain

とんでもない良い訳だ!勝手に殺さないでくれるか!

これから先も何度か死ぬ事になるんだろうか、勘弁して欲しいものだ。