読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
コーヒーの事と雑多な話

コスタリカ エルバポム と秋立ちぬブレンドです

2016限定焙煎 コーヒー

今回の限定焙煎はコスタリカ エルバポルと秋立ちぬブレンドです。


梅雨が明けた途端、青空が広がり暑い日が続く。この時期の焙煎室は
炎熱地獄と化し、釜の熱で人間の方が焼かれてしまいそうだ。
それでも肉体的には辛いが、心ウキウキ気分は上々なのだ。
その訳は、梅雨明け十日の言葉通り、空は晴れ渡り、風は穏やか、
煙の抜けも良く、安定しておいしい豆が焼けるからなのである。
山下達郎の「高気圧ガール」でも歌いたい気分くらいだ。
しかし、この浮かれ気分も台風シーズンが始まれば低気圧ガールがやって来る。
短い短い梅雨明け十日の高気圧ガールなのである。
ぜひ、この良い季節にローストしたおいしいコーヒーを飲んで欲しいと、
切に願っているのである。


今回はコスタリカ エルバボル農園ハニーと
秋立ちぬブレンドです。


今回の豆はパルプドナチュラルという精製法作られたコーヒー豆です。
果肉を剥くと薄皮の回りにぬめり(ミューシュレージ)があります。
このぬめりを付けたまま乾燥させから脱穀した豆をハニーといいます。
因にこのぬめりをコスタリカではハニー(現地語で)呼んでいた事と
ハニーと同じ韻だったのでそのままこの精製法で出来た豆を
ハニーと呼ぶようになりました。
コスタリカの明るくフルーティーな風味にハニーの持つ独特な香りと甘味が
加わりました。
柔らかな口あたりで飲み易いブレンド、中煎りでコクがあります。
滑らかな口当たりとソフトなハニーの風味がこの季節にお勧めです。

f:id:kazurateiutubo:20160731223518j:plain