読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
コーヒーの事と雑多な話

左手

下の子は左利きだ。

中学校の頃は野球をやっていた。

f:id:kazurateiutubo:20151118000741j:plain

本人はピッチャーをやりたがったが速球のスピードが

残念ながら若干控えめだったため、違うポジションに回された。

しかし、サウスポーの守備位置は少なく、後はファーストか外野しか

残っていないのである。

ファーストは背が高い子に決まり、彼はレフトに回ったが準レギュラーだった。

f:id:kazurateiutubo:20151118000745j:plain

パワーがなかったので打てなかったのである。

しかし、守備はうまかったので、いつも試合に出るのは後半で、

守備要員だった。

f:id:kazurateiutubo:20151118000743j:plain

彼の書く字を見ていると、右利きの反対の書き方なので

いつも大変そうだ。

書く字は小学生みたいにへたくそで、試験は大丈夫か?と心配になった。

f:id:kazurateiutubo:20151118000747j:plain

大人になって、ふと机を見ると女の人のようなきれいな字の書類が置いてある。

聞くと本人が書いたらしい。

f:id:kazurateiutubo:20151118001034j:plain

やる時はやるらしい(変な言葉遣いだ)

でも、普段はやっぱり小学生みたいな字を書いているのである。