読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
コーヒーの事と雑多な話

酸っぱいの嫌いなの、の巻

コーヒー豆屋をしていると一番多いのが

「酸っぱいコーヒーは嫌い」と言う言葉。

余りの多さにコーヒーの紹介文には極力、酸味有りなんてことは

書かないようにしているくらいです。

でも、この酸味、おいしいコーヒーの条件として大事な味なんです。

特に最近は豆の個性を出すために中煎りにして、フルーティー、フラワリー、透明感等という個性を出すようにしているお店が多いですが、そうなるとどうしても酸味が重要なファクターになるんです

f:id:kazurateiutubo:20151030230923j:plain

上記のローストだとちょっと古くなると酸味が強まってきます。

以前は、古い豆を使ってると酸化して嫌な酸味が出ますと説明してきたけど、

それだけではないようで、冷蔵庫で保存するのも中煎りの豆は味が変わって

あんまりお勧めしません。

酸味が強くなるようです。

f:id:kazurateiutubo:20151030230919j:plain

ひょっとすると飲み方も影響するんじゃないかと密かに思ってるんです。

それは砂糖を使ってミルクを使わない飲み方の場合です。

砂糖だけ入れると、苦味だけを中和するのでかえって酸味を強調します。

逆にミルクだけ入れると、酸味だけを中和するのでかえって苦味を強く感じます。

深煎りコーヒーにミルクだけ入れて飲んでみて下さい、かえって苦く感じる筈です。

f:id:kazurateiutubo:20151030230921j:plain

もし古いコーヒーに砂糖だけだとかなりえぐい酸味になるんじゃないかと想像しています。

 

酸っぱいのが嫌いな人で砂糖を使う人は、新鮮な豆でブラックで試されのをお勧めします。

f:id:kazurateiutubo:20151030230917j:plain