読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
コーヒーの事と雑多な話

カップの出し方

まず訂正、昨日の宮下洋一さんは宮下純一さんの間違いでした。

書いてて何だかしっくりいかないなあと感じてたんですが。

 

さて、その宮下さんにコーヒーを出すときに彼の左手の方に

カップの取っ手が来るように出したんですが、

「逆じゃない?」と言われたんですが、直ぐに違う話題に移ったので

答えずじまいでしたのでここでお答えましょう。

f:id:kazurateiutubo:20151029225432j:plain

現在の喫茶店やカフェではどのような提供するのか知りませんが

古来(定かではないけど戦前から)左側に取手だったんですね。

理由は砂糖とミルクを入れてから、左手で取っ手を掴み、

右手でスプーンでかき混ぜやすいようにです。

f:id:kazurateiutubo:20151029225429j:plain

このようにすると手の動きがスムーズでかつ美しく見えます。

女性の方が左手で軽く取っ手を掴み、軽やかにスプーンを動かす様が

とっても美しく見えます。

動作がきれいに見える、すなわち作法だったんですね。

多分、今でもコーヒー屋さんはこのような形で提供されてると思います。