読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
コーヒーの事と雑多な話

第五話 「愛される虫」です

五話 愛される虫


私は彼に言った。
「いいかい、我々はアイドルにならなければいけない。
皆に愛される虫にならなければならないんだ。
さもなければ、いつまでも台所の暗がりをコソコソと逃げ回るだけの人生だ」

「ボクは逃げ回らない。戦うんだ」そうカーナは言った。


「でも嫌われている。夜のリビングに君がブーンと飛んでごらんよ。
皆、目を吊り上げてキャーキャー叫んで、挙げ句の果てにはスリッパで
叩かれて、ぼろ雑巾みたいになって家の外にたたき出されるのがおちさ。
でも、愛があればそんな事にはならないのだよ。

今、人間の間ではラブロマンスメロドラマという純愛物がもてはやされている。

愛こそが全てなんだよ。私達も愛される虫になればいい。

そうすれば逃げ回らなくても良いし、餌さえ貰えるんだよ。一生ぬくぬくと暮らせる」と私は返した。