読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
コーヒーの事と雑多な話

ゴーオンどこまで書いたか忘れましたが多分第四話かも

第四話 「蜂起するのだ」


豪からのメールを読み終えたカーナ.ブーンは、
静かに鉄アレイを床に置いた。
吹き出る汗を拭おうともせず、彼は鏡に向かってポーズを取った。
胸の筋肉が大きく盛り上がる。力こぶは、はち切れそうだ。

「時が来た」彼の心は、ナーメンジークの死を知って、
やっと決断の時が来たのを知った。
「蜂起するのだ」


 ブーンとジークは幼友達だった。
ジークはカーター・ムツリがお屋敷持ちなのを妬んでいた。
 一方、ブーンも小金 無視が大金持ちなのを嫉妬していた。
そういう所でも気の合う親友だった。
 
 「今から会おう」
彼は、豪にメールを送った。